FC2ブログ

Take the Offensive

埼玉北部から陸っぱりで攻める! ルアーで狙う様々な獲物(魚達)との格闘日記

管釣り修行~アングラーズエリアhook~

「沢山の猫に囲まれるエリアがある」

前々から気になって仕方がなかったこのエリアにやっと行くことが
出来ました♪

消化代休日の8/1
家族3人で4時半に出発し、6時前に余裕の到着。
今回は親子ペアチケットを購入し、嫁はログハウスでスタンバイ。

爽やかな朝日の中、元気良く鱒たちがライズしておりました。

管理棟のログハウスでは
hook2.jpg
評判通りの猫、猫、猫…まさに囲まれています。

120801_013.jpg
3匹のチビ猫ちゃんの中でも一番元気だったのがこの子。
念のため持っていった猫じゃらしに飛びつきまくり♪

120801_018.jpg
しこたま遊んだ後は、しっかりお母さんの所へ(*´ω`)カワイイ

猫に夢中になりつつも、釣果の方もしっかり出してきました!
120801_007.jpg
定番のニジさんは勿論の事
120801_008.jpg
ヤマメ
120801_011.jpg
これもヤマメ?
120801_019.jpg
小サクラ

暑い季節なのに水はクリア、しかもこんなに綺麗な魚体で驚きました。
ニジよりもヤマメの方が高反応で、引きも抜群♪
釣れたルアーの比率がスプーン3に対しミノー系7とかなりの高反応。
特にシンペンのトゥイッチングが面白かった!

12時前までやって娘が5匹、私は20匹。
嫁はひたすら猫と遊び、管理人の娘さんと楽しくお喋りしたそうな。

雰囲気良し!魚も良し!そして…猫最高(=゚ω゚)ノシ

また是非ともお邪魔させて頂きますm(_ _)m

辛抱の7月~荒川釣行~

5月末に発症したギックリ腰、こんなに引っ張るとは思わなかった。
日常生活に支障はないものの、突っ張るような違和感と恐怖。
それと戦いながらトレーニングに励みました。

そんな最中、荒川へ様子見に。

この日は七夕、短時間ながら2匹の虎が遊んでくれました。

これが7月唯一の釣行。

そしてひたすら業務とトレーニングの日々。
今まで経験したことがない初夏となりました。

ただ効果が出てきたのか腰の違和感もなくなり、最近は好調。

8月からは少しずつ釣行を増やして行こうと思います。

利根大堰サクラマス~今後の展開~

今週は業務や家の行事で追い込まれ、本日ようやく開放されました。
ネットに上がる時間も少なかったのでアップできなかった日記を更新。

1週間前の6/16(土)

12時過ぎから16時頃まで利根大堰を訪問。
本命と思しきアタリは皆無、反応があるのは

利根川GTばかり

強化タックルで臨むも、ルアー2つを持って行かれ・・・
完膚なきまでの敗北を喰らいました(´ω`)

非常に悔しい釣行、でも得る物も存分にありました。

それは途中お会いした釣師の方々とのお話。
その方々はこの大河に惚れ込み、季節によって対象魚を変えるスタイル。
1年間この川と向き合い、通い込んでいるとの事でした。
会話の節で仰られたこの一言が印象的でした。

「この川はこれからが面白い」

特定の獲物が終わったら次の場所へ向かうのも一興
その場所に潜む数多の獲物を相手に戦うのもまた一興

だって何を何処で狙うのか自由なのだから。

私は様々な事情により転戦は不可能。
そして転勤族の定め、いずれはこの地から離れてしまう。
限られた時間の中で何度この場所に向かい合うことが出来るのか。
今はまだ分からない。

ただこの川で存分に釣りをしたという記憶が残ればいい。

だから来月以降もこの場所に通います。
タイトルについては「利根大堰サクラマス」から「利根大堰釣行」に変更。

荒川についても同様に通いたいと思います。

2つの大河を相手に闘える幸福。
存分に味あわせてもらいます!


-------追伸-------
拍手をくれた南の後輩君へ

激励ありがとう!
そっちの生活に慣れて来た頃かな?
お互い体が資本だから無理せず頑張ろう。
あと早く子供さんと釣りに行きなさい。

大堰でリハビリ

5月最後の日に突如私の体を襲った「ギックリ腰」

週末の予定を全て安静に切り替え、週が始まった後も細心の注意を払い仕事に臨む。
帰宅後は十分にストレッチを行い、長めの半身浴。
この生活で何とか金曜まで乗り切った。
8割方元の状態に戻れたと実感。

あとは・・・

現状で釣りが出来るのか?


その答えを探しに6/9(土)11時から2時間ほど利根大堰で竿を振ってきました。
雨が降っていたが増水もなく、濁りもない。
比較的降りやすく、足場が安定しているところで試釣開始。

キャストは問題なく出来る。
立ち込みは無理せず、移動も少しなら大丈夫だ。
感覚を確認しながら、小1時間ばかり経った頃だろうか。

弱い流れでスプーンで流していると

ゴン

強いアタリの直後から、一気に突っ走られる。
その引きはまさしく・・・

利根川のGT(レンギョ)

今年もコイツらの季節がやって来たか(´д`;)
でも負ける訳にはいかん!
突っ走りを抑え込み、勢いが弱まったところでこちらから攻勢を掛ける。

ジワジワと岸に寄ってきたその時、無念のフックオフ。

今日はいけると思ったのだが・・・

その後はアタリもなく13時に撤収。

家に帰ってからも特に体の異状はなし。
これなら来週は十分やれるだろう。

ただ気になるのは梅雨入り後の雨量。
多少の増水は仕方がないけど、問題は濁りの方かな・・・

残り少ない今シーズン、全力で駆け回ります!


---おまけ---
c2000hgs.jpg
荒川決戦用にリールを新調しました。

c2000hgs_2.jpg
求める機能は全て網羅、特筆すべきはその軽さ!
あとは出撃を待つばかりです。

利根大堰サクラマス~減水、混雑、そして~

5/26(土)
朝4時に起床し、川俣のテレメータをチェック。
バッチリ減水してるやん♪

今日はやれるぞ!!

ということでタックルを車に担ぎ込み、利根大堰へ直行。
土曜だし、人は多いだろうと予測していたが・・・超満員御礼
いつもの学校裏近くに車を止めて準備をし、テクテク下流へ向かって進む。
どこもかしこも先行者、気がつけば先週(5/18)よりもさらに下流でようやく開始。

ヘビースプーン、バイブ、ディープミノーを投げ倒してみるも、5時半と6時ごろに
それぞれ1回、ググっと当たったのみ。
たぶんニゴイ君でしょうな(´ω`)

それから8時過ぎまで粘るも反応はなく、時折鯉が飛び跳ねるくらい・・・
ここから移動を決意し、先行者の居ない所を探して彷徨うことに。

途中すれ違った釣り人の方と情報交換するも今日は出てないらしい。
先週は50アップが釣れたり、何か色々あった模様。
ん~流石は天下の大河川やな(;´▽`A``

彷徨い続けて、やっと見つけた安住の地は

杭になる場所!
そこでひたすらスプーンを投げ倒してみましたが、まるでダメ。
下流に入ってこられた方も全く反応がないと仰られてました。
10時過ぎまで粘るも断念、川底の状態を確認しながら岸へ戻ることに。

120526_002.jpg
こんなに浅くなっとるとは知らんかった・・・
石の場所をチェックしてたらミノーを3つ拾いました。

岸へ辿り着き、一度車へ戻って小休止。
ここで撤収するか、このまま続行か、ちょっと考えてみた。
そーいや予備のシーバスタックル(テクニカルマスターとレアニウム)で持ってきたんよなぁ。
折角やし一応使ってみるか・・・タックルを変更して再び川へ向かう。

行く手にはすべて先行者、結局スタート地点に落ち着いた。
ただ日も高くなってるし、プレッシャーが掛かってるし魚は隠れてる可能性が高い。
ならばエグレと障害物の際を攻めてみよう。
軽めの11gスプーンをキャストすること数投、障害物の陰を通過したところで

ゴン

この時点では何が掛かったか不明、念のため追い合わせを入れる。
時折ヘッドシェイクっぽい動作を見せるがまだ安心は出来ない。
ドラグを調整しながらやりとりし、そして翻った魚体の色は・・・

まさしく銀色!!

反転突進を回避し、慎重に慎重を重ねて魚を浮き上がらせる。
そして、11時15分ついに・・・



120526_004.jpg
利根川の女神様、降臨
今年も貴方に会うことが出来ました。

120526_005.jpg
サイズは46cm
川鵜との激闘を繰り広げてきたのか傷跡が生々しく残っていました。

120526_007.jpg
この精悍な顔つきを見ていると感動すら覚えます。

一応動画も撮ってみました(画素悪いですが・・・)
サクラ動画

撮影後は暫しネットの中で休息し、元気良く利根川の流れに戻って行きました。

今日の釣りはここで終了。

また来週も利根川の女神様に会えますように(-人-)

«前へ  | HOME |  次へ»

プロフィール

うらはち

Author:うらはち
福岡東部から埼玉北部へ
移住した三十路後半、雄

嫁と子持ち、常時金欠

釣りのスタイル:
陸っぱりでルアー

好きな釣場:
水草だらけの野池
大河川のテトラ
利根大堰
プール

2013年目標:
サクラマス:2本(荒川と利根川)
バス:40upを1本
シーバス:なんとか1本出す
エギとメバル釣りを復活
 
転勤の準備
電験に再挑戦

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ご訪問者様

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Designed by Loco-net.blog 

Copyright © Take the Offensive All Rights Reserved.